カードローンの返済に限界を感じたら債務整理の活用も考えよう!

おまとめローンも考える

カードローンは限度額の範囲内で何度も借りられるのが便利ですが、それゆえにいつまでも完済できないと悩む人も少なくありません。
そして限度額だけでは足りなくなり、複数の業者から借り入れをしている人もあります。
カードローンは無担保で手軽に利用できる融資ですが、そのかわり金利は高めの傾向にあります。借入金額が低いほど金利は高くなる傾向にありますので少ない限度額で何社も借り入れをしている人は金利の負担だけでも結構なものとなってしまいます。
返済を楽にするなら金利を抑えることも大事です。複数の借金も低金利のローンに借り換えてひとつにまとめれば支払う利息も少なく済みますし、期日も一日だけとなるので、返済忘れを防ぐことにもつながります。

様々な債務整理があります

おまとめローンや借り換えでもまだ返済が厳しいという場合は債務整理も検討したいところです。
債務整理は自己破産、任意整理、さらに個人民事再生という方法が用意されています。特に手軽に行える方法では任意整理があり、債権者と直接交渉して借金を減額することができます。それゆえ裁判所での手続きは必要ありません。
自己破産なら借金をすべて無くすことができますが、そのかわり職業や資格に制限もありますし、価値ある財産は手放す必要があります。
住宅を維持したい場合は個人民事再生を選ぶと良いでしょう。こうした債務整理は裁判所での手続きも必要ですので、弁護士など専門家に依頼することが一般的です。
専門家に相談するとそれぞれに最適な債務整理を提案してもらうことができますので、まずは相談から始めてみましょう。