カードローンの返済はオトクな元金均等方式を選ぶべし!

元金均等方式とはどんなもの

カードローンを使えば現金を確保できますが、期日までに返す義務も発生します。返済方式がいくつか用意されていて元金均等方式や元利定額方式といったものが用意されているのが特徴です。返済を効率よく済ますには元金均等方式がオススメなので覚えておくといいでしょう。
これは返済額を一定にして返すといった内容をしているので、返済額が3000円なら毎月3000円を消費者金融に返済します。3000円の中には借入元金と利息がまるまる含まれているのでわかりやすいと言えるでしょう。
常に一定額返済すると返済するまでどれくらいの日数がかかるのかも把握しやすいので、返済計画を立てやすいと言えます。基本的に借入残高が少ない借金に使いやすいです。

元金均等方式のメリットとデメリット

元金均等方式を使う一定額の返済額を支払うことになるので初心者でも返済金額がわかりやすいです。ただ利息が加わるので毎月の返済額の計算は「設定した返済額+利息」となっています。利息が変動すれば返済額も変動する仕組みです。
メリットは毎月決まった借入残高が減少していくので残りの借金額を把握しやすい部分と言えるでしょう。利息変動があるので毎月返済日に金額を確認する手間がかかるのがデメリットなっています。返済する利息額は借入残高に比例する特徴を持つため、残りの返済額が多いと初回返済の金額が多くなるのも特徴です。
メリットは利息の総額が安くなるといった要素があります。借入残高に金利利息を掛け算するので借入残高が減ると利息も減るのが強みです。