カードローンの返済は期日を守ることが何より大事!

遅延損害金が発生することも

カードローンは申し込み方法も簡単で、専用のカードで好きな時に借り入れや返済ができるのはとても便利です。
そして、お金を借りた場合はその返済が必要ですので、返済期日はしっかりと守るようにしましょう。返済期日を守らないと信用を落とすことにつながりますし、遅延損害金というペナルティも発生します。遅延損害金は延滞が伸びるほど大きくなりますので、期日に間に合わなかった場合も出来るだけ早く返済するよう心掛けましょう。
特に複数社で借入をしている人はそれぞれ期日が違いますので、間違わないようしっかりと管理をしておく必要があります。
複数のローンを抱えている場合は、それをひとつにまとめることで返済忘れを防ぐことができますし、利息の負担もより少なく抑えられるのもメリットです。

支払は口座からの引落しが便利

カードローンの返済方法はATMや銀行振り込みなど様々な方法が用意されていますが、返済忘れを防ぐのであれば口座からの引落しを選んでおくことがおすすめです。
口座からの引落しにしておけば、期日に自動で支払いが行われますので、忙しい人も急いでATMに走る必要はありません。
この場合も残高が不足していると支払いを行うことができませんので、残高はしっかりとチェックしておくことが大事です。給料日のあとなど、残高に余裕のある日を支払日にしておくとより安心です。
業者によっては、支払い日近くになるとメールで連絡をくれるサービスを提供しており、支払い忘れを防ぐことができます。
もしも期日に間に合わない場合は、放置せず早めに業者に連絡を行っておきましょう。